お米の分類

無洗米 ― 「洗わずに炊ける」だけではない?

無洗米って何だろう?

「無洗米」という言葉はもうすっかり定着した感があります。しかし無洗米が一体どんなお米なのかはっきりご存じですか? 洗わずにすぐに炊ける便利な無洗米についてご説明します。

無洗米が洗わずに炊ける理由

玄米から糠(ぬか)を削り落として白米にすることを精米と呼びます。こうしてできた一般的なお米は精白米と呼ばれますがその表面にはまだ「肌糠(はだぬか)」と呼ばれる粘りけのある糠が残っています。炊く前にお米を水で洗うのはこの肌糠を取り除くためなのです。

精米について詳しくはこちら

無洗米とはこの肌糠を精米の段階で特別な方法を使ってあらかじめ取り除いたお米のことなのです。だからお米と水をそのまま入れて炊飯器のスイッチを押すだけですぐにご飯を炊くことができます。忙しい現代の日本人の強い味方と言えるかもしれません。

無洗米の特徴とは

肌糠をあらかじめ取り除くことで毎日の炊飯の手間を大幅に短縮する無洗米。実はその他にも意外な特徴を持っています。なんと無洗米は環境にも優しい!?

とぎ洗いせずにすぐに炊飯器へ

前もって肌糠を落としている無洗米は炊飯の手間が格段に小さくて済みます。釜に入れて水を注ぎ炊飯器にセットしてスイッチを押すだけ。水加減は普通のお米よりも多めにします。最近の炊飯器には無洗米用の目盛りが付いているものも多くあります。

無洗米はとぎ洗いが不要な分だけ毎日ご飯を炊く手間と時間が大きく減らせる主婦の強い味方です。

とぎ汁を出さない節水効果でエコロジー

とぎ洗いが不要な無洗米。そのことが実はエコにもつながっていると言うと驚かれるでしょうか?

近年家庭から出る生活排水による河川の水質汚染が深刻な問題になっています。もちろん台所で捨てられるお米のとぎ汁も生活排水の一部です。とぎ汁の中に含まれるリンや窒素は浄化することが難しく水質汚染の原因となりやすいと言われていますが、とぎ洗いが必要でない無洗米はそもそもとぎ汁が発生しません。このことから無洗米は環境に優しいエコなお米として注目されているのです。