お米の料理や加工食品

お米を使った加工食品 ― 様々に形を変えて食べられるお米

バリエーション豊かなお米の加工食品

お米はその味わいの良さなどから様々な形に加工されて人間の舌を楽しませてきました。そのバリエーションの豊かさはお米の魅力の奥深さをを物語っていると言えます。お米を使ったいろいろな加工食品をご紹介しましょう。

ビーフン

ビーフンとはお米の粉で作った細長い麺のことを指します。主に小麦の生産量の少ない地域で盛んにに作られてきました。中国南部や台湾をはじめタイやマレーシアなど東南アジアで非常にポピュラーな食材として食べられています。ビーフンという名前は中国語の「米粉」の発音が由来になっています。
温かいスープに入れる汁ビーフンや、野菜などの具を入れて炒めた焼きビーフンとして食べられます。

フォー

フォーはビーフンと同じくお米の粉から作る平打ち麺で、ベトナム料理を代表する食材です。あっさりとしたスープに入れ、香草などをたっぷり載せて食べるのが一般的です。

 

お餅・おもち

お米の中でももち米を使った加工食品の代表がお餅です。蒸したもち米を電動餅つき機や杵と臼でつき、いろいろな形に整えて作ります。また羽二重餅(はぶたえもち)や白玉のように、あらかじめ粉にしたもち米を練って作る(つく工程のない)お餅もあります。

日本でのお餅の歴史は古く、平安時代には既に食べられていました。今ではお正月シーズンに食べるものというイメージが強いですが、それ以外にもお祭りやお祝いごとなど様々な行事に欠かせない食べ物として日本人に親しまれてきました。

鏡餅(かがみもち)

お正月のお供え物として大小2つの平たいお餅を重ねたものです。古代において鏡は神聖な力を持つとされたため、それに見立てて丸く作られるようになったと言われています。
鏡開きの日に手や木槌などで割って、煮たり焼いたりして食べます。包丁などの刃物で切るのは縁起が悪いとされています。

 
柏餅(かしわもち)

お餅に餡をはさんで柏の葉で包んだ和菓子で、5月5日の端午の節句に食べます。

 

団子(だんご)

お米(うるち米)の粉に水を加えてこね、蒸したり茹でたりしたものを小さくまるめたものがお団子です。砂糖を加えて甘い味付けにしたものが一般的です。餡を載せた餡団子や、焼き目をつけた後に甘辛いたれをつけたみたらし団子がポピュラーです。
十五夜のお供えとして月見団子を作る風習などがあります。

 

煎餅(せんべい)

お米(うるち米)を蒸してついたり潰したりしたものを平たくのばして焼くお菓子がお煎餅です。つまりお団子を平たくして焼くとお煎餅になるわけです。醤油などで味付けしたものが多く、草加煎餅などが全国的に有名です。

 

あられ・おかき

お餅を小さく切って焼いたものが、あられやおかきと呼ばれます。この2つには明確な区別はないようです。原料がもち米であることがお煎餅との大きな違いです。

お米の加工食品をたくさん食べたら太る? と心配な方はこちら