お米に含まれる栄養素 ― ヘルシー食材として注目されるお米

白いご飯は過小評価されている?

玄米や発芽玄米の栄養が豊富であることはすっかり有名になりました。でもその一方で多くの皆さんが普段食べている白いご飯つまり白米にはほとんど栄養がないと思っていませんか? それはとんでもない間違いです! 白米に含まれる豊富な栄養素についてご説明しましょう。

ご飯1杯分(150g)に含まれる栄養成分

白いご飯1杯に含まれる栄養分がどれくらいなのか分かりやすくまとめました。実に様々な栄養が含まれていることが見て取れます。

栄養成分

含有量

主な働き

他の食品で摂取する場合

エネルギー

222kcal

体の組織を動かす

ハンバーガー1270kcal

糖質

47.6g

体のエネルギー源

ひじき100g

たんぱく質

3.9g

血や肉など体の基本を作る

牛乳130cc

脂質

0.75g

体のエネルギー源

食パン1/3

ビタミンB1

0.05mg

体の調子を整える

キャベツ100g

ビタミンB2

0.02mg

美肌を作る

大根100g

ビタミンE

0.3mg

細胞や血管の若さを保つ

ごま 小さじ8

カルシウム

3mg

骨や歯を丈夫にする

トマト1/3

鉄分

0.15mg

貧血防止

とうもろこし1/3

マグネシウム

6mg

肩こりなどを防ぐ

アスパラ5

亜鉛

810μg

皮膚の再生を補助

ほうれん草1/3

食物繊維

0.6g

便秘などを防ぐ

セロリ50g

昨今の日本食ブームに代表されるように、今やお米は世界中からそのヘルシーさで注目を集める存在なのです。  

大切なのは食材の組み合わせによる栄養バランス

確かに白米は玄米などと比べると含まれる栄養分は少なくなります。しかし誤解してはいけません。いかに栄養が豊富だと言っても玄米だけでは必要な栄養を全て摂取することはできないのです。つまり主食として食べるのが白米であろうが玄米であろうが、大切なのは他の食材と組み合わせた食事によって栄養のバランスを取るということ。 そもそもお米に限らず、何か1つの食材で全ての栄養を摂ろうという発想には無理があります。肉・魚・野菜・豆・芋・海藻・乳製品など様々な食品から栄養を摂取することが健康にとって何よりも大切なのです。 そう考えると、あらゆる食材と相性の良い白いご飯はまさに究極のヘルシー食材だと言えるかもしれません。  ・お米のもたらす健康パワーについて詳しくはこちら