お米の歴史

お米を表す単位 ― 「合」「升」「石」「俵」

お米に関する様々な単位

スーパーやお米屋さんで袋詰めされて売られているお米には5kgや10kgという重さが記載されています。しかしお米を量る単位は他にも様々なものがあります。日本で古くから使われているお米に関する単位を紹介しましょう。

 

お米の量を表す単位

お米の量を表す際に現在でも一般的に用いられているのが「合」という単位です。1合=約180.39mlとなります。お米1合がおよそ1食分の量に当たると考えられてきました。

さらに10合=1升、100合=1斗、1000合=1石となります。

「斗」という単位は「一斗缶」などで使われています。「石」は1000合ですが、1石は1人の人間が1年間に消費するお米の量ととらえられてきました。1食が1合で、1日3食だから3合。3合×365日は1095合。おおむね1000合というわけです。

他にも俵(ひょう)という単位があります。わらで編んだ円柱形の俵1つ分のことで、1俵=4斗=400合に当たり、重さにすると1俵=60kgに換算されます。

 
お米の単位

1合 = 約180.39ml
1升 = 10合
1斗 = 10升 = 100合
1石 = 10斗 = 100升 = 1000合 
1俵 = 4斗 = 400合

お米の収穫量に基づく石高制(こくだかせい)

近世の日本においては、その土地から何石分のお米が取れるか? という観点で土地の生産性・価値を表しました。これを「石高制」と呼びます。「加賀百万国」とは、加賀藩の領地全体で100万石のお米が獲れるという意味を表しています。お米がたくさん獲れるということが日本においては古くから非常に重要なことだったのです。

また石高は課税の基準ともなりました。石高に応じて「年貢(ねんぐ)」が定められ、その土地の農民はその量のお米を年貢米(ねんぐまい)として納めました。

 

お米とごはんの重さ

お米1合(約180ml)の重さは大体160gになります。お米は炊くと吸収した水の重さなどが加わって約2.2倍に増えるため、1合のお米からはおよそ350gのごはんができます。
お茶碗1杯のごはんがおよそ150gですので、1合のごはんはお茶碗2杯強に当たります。

ん?そもそもどうして「お米」って言うんだろう?と思った方はこちら